生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

リラックスできる時間

今の季節寒さで体が縮こまってしまい、なかなかリラックスできる時間が少ないのではないでしょうか。
最近は「癒し」という言葉もすっかり定着してしまい、現代人がいかにリラックスした時間を求めているかがわかりますね。
体の一部、または全部を温めることで体を休ませることができ、心身ともに穏やかな時間を過ごすことが出来るとされています。
昔から病院などで行われている足浴がありますが、他でも足湯や足元を温めることでより良い睡眠やリラックス効果があると言われています。
また目元を温めることで目の疲れが取れ、睡眠効果が期待できます。
最近は関連グッズなども売っていますよね。
血行を良くすることで血液循環が良くなり、体のすみずみまで血液が行き渡るため、体が温まるのです。
人間は体を温められると眠くなるという作用があるようですので、日中に冷え切ってしまった体を温めることは、より質の良い睡眠効果を得ることができるのです。
また、リラックスした状態では、脳内でアルファ波という脳波が活発になり、ベータエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。
これは脳の快感物質と呼ばれており、心身ともにストレスから解放され体の免疫力まで高めてくれる働きがあるそうです。
また集中力もアップするそうです。
そのため、リラックス効果だけでなく、勉強の際にもトレーニングをしてアルファ波を出すようにする勉強法もあるそうです。
深呼吸を習慣化することでアルファ波を出しやすく出来るそうなので、日々の生活の中で疲れているなとか集中できない、またはリラックスを期待したい時は、深呼吸をしながら体を温めることが良いかもしれませんね。