生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

捨てるもの、残すもの

昔誰かからもらったプレゼントだけど全然使っていなかったり、捨てたいんだけど未練が残っている物があったりと、家が物で溢れかえっていませんか。
こうなると部屋が雑然として見えたり、くつろぐことができなかったりしますね。
いつまでもホコリのかぶったものを置いておくよりは、思い切って捨ててみるのはどうでしょうか。
まだ使える、誰かが使うかもしれないというものは、「今現在使っているものか」ということを振り返り、決断してみるのが良いですね。
洋服なども、2年着ていないものは捨てるという方がいますが、これは服の流行などを考えると良いことですね。
昔の服をいつまでも取っておいても、流行遅れになってしまったりカビが生えて結局着られなくなってしまうということになりかねません。
いらなくなった服は誰にもあげられない場合、手頃なサイズに切って雑巾がわりに掃除で使ってしまいましょう。
これも生活の知恵ですね。
また、片付けてまとめたゴミは、また未練が残る前にゴミの日まで目に付かないところに置いておきましょう。
最近「断捨離」という言葉がよく使われるようになりましたが、やはりみなさん同じ悩みを抱えていたということでしょう。
思い出の品などは捨てにくいものではあると思いますが、写真や賞状、作品など大きくてかさばるものはデジカメに撮ってデータ化して保存し、現物は捨ててしまうというやり方もあるそうです。
こうすれば普段は見ないけど必要な時に見返して思い出すことができますよね。
部屋がごちゃごちゃしていると運気も下がってしまうようです。
綺麗な部屋で快適な生活を過ごしましょう。