生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

生活が充実する 理想的な睡眠時間の調査

理想的な睡眠時間は

人は一日の1/3〜1/4を睡眠時間に費やしています。
それだけ睡眠で体を休めるということは大事なことなのですね。
しかし、現在ストレス社会と言われ、睡眠時間を削りながら仕事や育児をしなければいけない人も多いのではないでしょうか。
そもそも理想的な睡眠時間は7時間程度と言われており、質の良い睡眠をとることで寿命を伸ばすと言われています。
成長ホルモンの分泌を促進させるために、夜の22時から夜中の2時までの4時間の間に睡眠をとると、質の良い睡眠を確保することが出来ると言われています。
仕事で帰りが遅くなってしまう人にとっては難しいかもしれませんが、なるべくこの間に少しでも睡眠をとることが出来るよう工夫してみましょう。
睡眠不足になると注意力、記憶力、判断能力などが低下して、普段の生活を送る上では危険なことが沢山あります。
また、休日はいくら寝ても眠いだとか眠りすぎてしまう傾向がありますが、これも脳にとってはあまりよくありません。
睡眠にはリズムがあって、レム睡眠とノンレム睡眠を1時間半ごとに交互に繰り返しています。
レムは浅い眠り、ノンレムは深い眠りと言われており、1時間半刻みを目標に起きる時間を設定すれば良いのです。
ノンレム睡眠の周期に合わせると7時間半で目覚めるのが丁度スッキリと起きられる周期になるのではないでしょうか。
仕事や育児でその時間が難しいという方は、6時間、4時間半、3時間…と縮めていき、回数を増やして寝るようにすると良いでしょう。
目覚めをさらにスッキリさせたい人は、寝るときは部屋を暗くし、起きたら明るくするという環境づくりをするように心がけると良いようです。
本来人間は朝日を浴びて目覚め、日が沈んだら眠るという生活リズムが望ましいため、仕事などで昼夜逆転させなければいけないときは、このような環境を整えるようにしましょう。
このリズムを整えることで脳が活性化し、活動ホルモンであるセロトニンの分泌を促進させることに繋がります。
この物質は減ってしまうとマイナス思考になったりうつ病を発症したりしてしまうことになりますので、注意が必要です。
普段、仕事などで睡眠を二の次にしている人は、もう一度睡眠の大切さを振り返ってみるのも良いでしょう。